Translate

プラレールって何歳から?知育・創造性や手先の発達など13のメリット&デメリット


ハッピーセットのおもちゃでプラレールが出るたびに、知育によさそうだよな〜なんて思ってみている筆者です。どうもこんにちは。

娘が興味を示さないので買ってあげたことがないのですが、児童館によっては『プラレールの日』をつくって子どもを集めたりしています。そこに行ったときは楽しそうに遊んでいました。(わざわざ隣の市まで電車で行きました←)

2人目が男の子だったら買ってあげたいなと思っていたのですが、2人目も女の子(笑)。我が家にプラレールがやってくることはあるのでしょうか。個人的な意見ではありますが、リカちゃん人形よりもロジカルに遊べてよさそう←(知育ママ!?d)

ちなみに、プラレールの対象年齢は3歳からになっています(ものによっては6歳から)。


Q.「対象年齢3歳以上~」を この度「対象年齢6歳~」にしたのはなぜですか? 

A.「プラレールアドバンス」 玩具安全基準は3歳以上をクリアしていますが、遊びに要するスキルがプラレールより高く、4月発売商品より6歳以上を推奨しております。(https://faq.takaratomy.co.jp/detail.aspx?id=17776&a=102&isCrawler=1

小さな部品などもありますから、0〜2歳のあいだに遊ばせるのは難しいのかもしれませんね。児童館なども0〜2歳コーナーではプラレールではなく木でできた列車のおもちゃが置いてある場所が多いみたいです。

プラレールで遊ぶことは発達にどういい?


ここから先はAIにたずねてみました。

以下、プラレールのおもちゃの魅力を7つにまとめてみましょう。 

1.創造性を刺激する

プラレールは、子供たちの創造力を駆り立てる素晴らしいおもちゃです。 彼らは自分自身の鉄道トラックを設計し、列車の経路を考え、さまざまなレイアウトを試みることができます。空間認識や問題能力を発展させるための解決策に役立ちます。 

2. 手先の発達

プラレールを組み立てたり、線路を接続したりすることは、子供たちの手先の発達を促進します。 小さなネジや線路の組み立ては、細かい動きを練るのに適しています。 

3. コミュニケーションの促進

プラレールは友達や家族と一緒に遊ぶのに最適なおもちゃです。共通で鉄道トラックを作成し、列車を運転することで、コミュニケーションスキルを発展させ、チームワークを学びます。 

4. 基本的な数学と物理学の学習

プラレールを遊んでいることは、基本的な数学と物理学の概念の学びに役立ちます。距離、速度、重力などの概念を実際に体験しながら理解できます。 

5. ストーリーテリング

プラレールを使って、子供達自身のストーリーを作成できます。列車やキャラクターに名前をつけ、冒険を考えることで、創造的なストーリーテリングのスキルが向上します。 

6. 模倣と学習

プラレールは現実の鉄道運行を模倣しており、子供たちの列車の動きや駅の運営などを学びます。 

7. 長時間の遊び

プラレールは遊びの幅が広く、子供たちは長時間楽しんでいます。新しいアイデアを試したり、ストーリーを続けたりすることで、集中力や忍耐力を発展させます。 

 総合すると、プラレールは子供たちに多くの教育的な時間を提供しながら、楽しみながら遊べることができるおもちゃです。創造力、手先の発達、コミュニケーションスキル、学習、ストーリーテリング、模倣と学習、そ​​して集中力の進歩など、堅実な面で子供たちの成長と発展をサポートします。

私:「他にもメリットは何かありますか?」


8.感覚刺激と協力運動

プラレールは列車が線路をスムーズに進むことを視覚的に楽しむだけでなく、手で列車を操作することで触覚的な感覚刺激を提供します。手作業で操作し、協力運動を向上させることができます。 

9. 環境への意識

プラレールは鉄道交通に関する基本的な知識や提供する場所、環境への意識を高めるのにも役立ちます。鉄道輸送のエネルギー効率や環境への影響について考える機会を提供し、持続可能な交通手段に対する配慮ができます。 

10. コレクションの楽しみ

プラレールは多くの種類の車両やアクセサリーが提供されており、子供たちにコレクションを楽しむ機会を提供します。また探究心が促進されます。 

11. 安全性と耐久性

プラレールは通常、安全性に配慮して設計されており、耐久性が高いです。また、子供たちが安全に遊べるように、3歳以上にとっては小さな部品がないデザインが多いです。 

12. 教育的なテーマセット

プラレールには、歴史的なテーマや科学的なテーマを取り入れた特別なセットがあります。これらのセットは、子供たちに特定のトピックについて学ぶ機会を提供し、興味を持たせてくださいます。 

13. 親子の気づき

プラレールは親子の気づきで素晴らしい機会を提供します。親が子供と一緒にプラレールを楽しむことで、子供たちの愛情やサポートを感じ、一緒に時間を過ごす楽しさを共有できます。 


 これらの魅力を考えると、プラレールは子供たちの発達に気づき、楽しさと学びを組み合わせた素晴らしいおもちゃであると言えます。そのため、多くの家庭で愛され、サポートされています。

私:「では、デメリットはありますか?」


プラレールには多くの魅力がありますが、一部のデメリットも考慮する必要があります。 

以下に、プラレールの一般的な野球をいくつか挙げてみましょう。 

1.価格

プラレールは高品質なおもちゃであり、特に大規模なセットや追加の付属品を購入すると、高額になる場合がございます。これは予算などご家庭の課題となる場合がございます。 

2. スペースの要件

プラレールは鉄道トラックや線路を広げるためのスペースが必要です。 

3. 小さな部品の危険性

プラレールには小さな部品が含まれていることがあり、幼児がこれらの部品を誤って飲み込んだり、窒息の危険があることに注意が必要です。

4. 組み立てと整理の手間

プラレールのセットアップや収納には時間と手間がかかります。子供たちがセットを組み立てたり、線路を整理したりする際には、保護者の監督や協力が必要かもしれません。

5.夢中になりすぎること

プラレールは非常に魅力的で、子供たちが夢中になることがあります。 長時間のプレイが続く場合、他の活動や仕事、睡眠時間が削減される可能性があるため、バランスをとるのが重要です。 

6. 飽きる可能性

一部の子供たちは時間をプラレールに飽きてしまうことがあります。そのため、多様な遊び体験を提供することが重要です。

 これらのデメリットは、プラレールの利用を考える際に考慮すべき点ですが、適切な監督とバランスをとることができれば、多くの子供にとってはとても楽しいおもちゃです。子供たち自身が遊び方を工夫し、安全に楽しむことができるように保護者がサポートすることが必要です。


メリットとデメリットを秤にかけても、やっぱりプラレールは魅力的なおもちゃです。
下の子はまだ0歳ですが、もし興味を示したら買ってあげたいなと思います。
ただ、飽きる可能性などもかんがえたら中古がいいのかもなあ、なんて(笑)。

ではでは。最後まで読んでいただきありがとうございました。
Next Post Previous Post
No Comment
Add Comment
comment url