Translate

5歳の子どもがずっと「ママ、ママ」と話しかけてくるのだけれど、どうしたらいいか。



うちには5歳の娘がいます。

ただいま、夏休みに入って約2週間が過ぎました。
猛暑続きということもあり、家にいる時間が長く、ひたすら「ママ!ママ!」と話しかけてきます。言葉がたくさん出るようになった2歳の頃からずっとそう(笑)。
今、下の子が産まれたばかりでそちらのお世話もあるため、ちょっとしんどいです。どう工夫すればいいでしょう。

ということで、ChatGPTに聞いてみました。

回答は以下のとおりでした。

もちろんです。子育てはとても大変な時期で、特に新しい赤ちゃんのお世話と5歳の娘さんの世話を同時にするのは大変だと思います。

ママとしては、何かと忙しく、お疲れのことと思います。 
 娘さんがママと話しかけてくるのは、ママとの特別な時間を求めている証拠です。彼女の成長に興味を持って、優しくコミュニケーションを取ってあげることで、彼女の心が満たされることでしょう。 
 おそらく、少し息抜きしたいと思うこともあるでしょう。お昼寝の時間や、おばあちゃんやお父さんに見てもらっている間に、自分の時間を持つようにしてください。
リラックスできるアクティビティを見つけて、自分を労わる時間を持つことが大切です。 娘さんとの遊びは、彼女の好奇心をくすぐるものやインタラクティブな遊びを試してみると、彼女も楽しんでくれるかもしれません。一緒に遊ぶことで、彼女の成長を感じることもできるでしょう。
もちろん、パートナーや家族のサポートも大事です。時には協力を仰ぎ、負担を分かち合って、育児のストレスを軽減することができます。 最後に、あなたが一生懸命頑張っていることを認めてください。
子育ては挑戦的なことが多いですが、愛情と理解を持って向き合うことで、家族全員が幸せな時間を過ごせると思います。お疲れの時は、少し休息を取りながら、自分を大切にしてくださいね。

私:いや、そうじゃなくて、どうしたら話しかけてこなくなるかな?←

申し訳ありません、誤解してしまいました。

では、娘さんがママにひたすら話しかけてこなくなるような工夫をいくつかお伝えします。 

◆自立心を育む

5歳のお子さんは自立心が芽生える時期です。彼女ができることはできるだけ自分でやらせ、自分で解決できるようにサポートしてあげましょう。自分で遊んだり、おもちゃを取ったりできることを褒めてあげると、自信をつけることができます。

◆おもちゃや本で遊ぶ

娘さんに興味を持つおもちゃや絵本を与えて、自分で遊ぶ時間を持たせると、ママへの頼りごころが少し和らぐかもしれません。 

◆予定の共有

1日の予定を事前に伝えると、娘さんにとっての安心材料になるかもしれません。お世話する時間や自分の時間を教えてあげることで、彼女も安心して過ごせるかもしれません。

◆姉妹/兄妹関係を促進

下の子と娘さんとのコミュニケーションを促進することで、彼女が下の子と楽しい時間を持つようになるかもしれません。娘さんが下の子のお世話を手伝ったり、一緒に遊んだりすることで、絆が深まるかもしれません。

◆ほめて励む

娘さんが自分で遊んでいたり、お世話を手伝っているときに、積極的にほめてあげることが大切です。彼女が自分で頑張っていることを認めることで、ママへの依存が少し軽くなるかもしれません。

◆リラックスの時間を設ける

たまには家族全員でリラックスできる時間を作ってみると良いです。例えば、お散歩や公園に行く、家族で映画を見る、ゲームをするなど、楽しい時間を共有することでストレスが軽減されるかもしれません。 

上記の方法を試してみると、娘さんがママにひたすら話しかけてこなくなるかもしれません。ただし、子供は個々に個性があり、すぐに変化が現れるとは限りません。焦らず、少しずつ娘さんの成長に合わせて工夫していくことが大切です。

把握しました。ありがとうChatGPT!
Next Post Previous Post
No Comment
Add Comment
comment url