Translate

【絵本】2歳の頃、ほぼ毎日読み聞かせしていた『うずらちゃんのかくれんぼ』

作者は きもと ももこ さん。

あらすじ

うずらとひよこがかくれんぼを始めました。色と形を上手に使って、花に隠れたり、ひょうたんに隠れたり……。うずらちゃんと一緒に、楽しいかくれんぼ遊びのできる絵本です。ー うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)

暗唱して自分で読み上げるレベルに大好きだった絵本

カラフルなのに優しい色づかい。うずらちゃんとひよこちゃんがとっても可愛い絵本です。2歳の頃、小さくてまるっこいものが大好きだった娘。うずらちゃんとひよこちゃんも”まるっ”とした感じだからか「かわいいね〜」と愛でるように絵をジーッと見ていました。
「どこにかくれたのかな〜」と読み上げると、すかさず指さし!そして一緒に「みーつけた!」と読み上げるのがお決まりの流れ。また、隠れているのはこの2匹だけではなく、蜂やカエルも隠れていたりして、そこもまた指さしをして「ここ!ここ!」と教えてくれたり。最終的には私に読み聞かせをするような形で絵本を丸ごと暗記していました。物語の中に入っていける楽しさ、そして親とだけではなく外の世界で友達と遊ぶのは楽しいんだということを覚えられたのは、この絵本のおかげな気がします。今は引っ込み思案な娘ですが、2歳の頃は公園に行くと、すぐにお友達に「あーそーぼ」と声をかけて、かくれんぼや砂場でのおままごとに誘っていました。

愛子さまも読んでいた絵本


な、なんてお可愛いお姿でございましょう!
この映像が公開されたとき、『うずらちゃんのかくれんぼ』がめっちゃ売れたとどこかで読んだか聞いたことがあります。「パパも!」「はい」のやりとりに思わずフフフとなってしまいました(笑)。

0歳からでもイケると思う理由

我が家では1歳後期か2歳になったぐらいの頃にこの本を読み聞かせしていましたが、0歳でも一緒に絵を見て楽しむことはできるかと思います。というのも、色使いがハッキリしているのと、やっぱりまるっこさ(笑)。赤ちゃんの頃から不思議と子どもって、アンパンマンとかいないいないばあのうーたんとか、まるっこいものが好きですし。あ、今思った。この絵本、やっぱりEテレの『いないいないばあ』のスタジオや衣装の色使いと似てる!

  

 ほら。なんとなく、ね?

ということで、今日は昔の読み聞かせを思い出して書いてみました。今日は読み聞かせを求められなかった、というかスイミングから帰ってきてすぐ寝てしまったので、こんな感じの記事になってしまいました。なるべく毎日読み聞かせの記事を更新できればと思っています。最後まで読んでくれてありがとうございました。
Next Post Previous Post
No Comment
Add Comment
comment url