Translate

育児中はなぜ食べ過ぎるの?早食い、睡眠不足、食べたことを忘れちゃうetc...




育児中って、無意識に食べ物を口に運んでしまいませんか。寝不足やストレスの影響でエネルギーの補充を欲する瞬間が訪れる、というか、常に食べ物を求め彷徨うマイソウル。

夜間の授乳で目が覚め、ようやく寝かしつけたところで眠れない。そうすると、冷蔵庫や食器棚の扉が引力のように私を引っ張り、せんべいやチョコレート、ポテトチップスを「どうぞ」してくる。

それでいて、食べたことを忘れてまた食べる←

なんやねん!これw

ということで、今回は「育児中はなぜ食べすぎてしまうのか」についてAIに聞いてみました。


育児中のダイエットがなぜ難しいか、5つの理由


育児中に体重を減らすことは、新しい親としての責任や日常の制約に対処することが難しく、特に以下の点に注意が必要です。 

時間とエネルギーの制約
育児は非常に時間とエネルギーを消費するタスクです。赤ちゃんの世話、授乳、おむつ交換、寝不足などが、ダイエットに取り組むための時間とエネルギーを制約します。これらの負担を抱えながら、食事の計画や運動の時間を確保するのは難しいことがあります。 

睡眠不足の影響
育児中は、夜中に何度も起きることが一般的で、睡眠不足が日常的な問題となります。睡眠不足は代謝を低下させ、食欲を増加させる傾向があり、誘惑に負けて高カロリーな食べ物を摂りがちになります。 

ストレスと感情的な食事
育児は感情的なストレスを増加させることがあります。新生児のケアや親としての不安、疲労などがストレスの要因となり、ストレスからくる「ストレス食事」が発生しやすくなります。ストレスにより、高カロリーな快楽食品への欲求が高まり、ダイエットが妨げられます。

社会的な圧力と期待
社会的な期待やプレッシャーもダイエットを難しくする要因です。多くの人々は産後すぐに体型を戻すことを期待し、その期待に応えようとする圧力がかかります。これは現実的でない期待であり、過度なプレッシャーを感じることが育児中のダイエットの困難さを増大させます。 

栄養の要求とバランスの難しさ
授乳中は特に、栄養バランスの保持が重要です。母乳を与える場合、母体は十分な栄養を供給しなければなりません。そのため、無理なカロリー制限を行うことは控える必要があります。ダイエット中に必要な栄養素を確保しながら、体重を減らすことは、適切な知識と計画が必要であり、難易度が高いです。 

これらの要因が、育児中のダイエットを難しくし、成功を妨げることがあります。育児中のダイエットに取り組む場合、適切なサポートと計画が欠かせないことを覚えておくことが大切です。

******

なるほど……。
あと、私が思うに、育児中のお母さんって、ストレスを発散するためのお金と時間を確保するのも難しいケースもあるので、そうすると炭水化物を大食いするといった手法をとってしまう場合もあるのではないでしょうか。

……あるのではないでしょうか、というか私がそうなんですけどね。

とりあえず今は仕方ないと割り切って、ある程度子育てが落ち着いてからちゃんとダイエットしようと思います。

今は無理しない。できそうだったらやるけれど。
Next Post Previous Post
No Comment
Add Comment
comment url